先日、今月の電気代の請求書が手元に届いたのですが、やはりというか、ついに請求額が1万円を越えてしまいましたった。

寒い季節には電気代やガス代がかさんでしまうのは、もう仕方のないことだと諦めています。

毎年、冬の間の電気代やガス代はこれくらいになってしまうのですが、それにしても「ついに大台にのってしまったか…」と思わざるを得ません。

配偶者や子どもなど、家族で暮らしていればこのくらいの請求額は見慣れているのかもしれません。

でも、一人暮らしの私にとっては、さすがに一ヶ月で1万円というのはなかなかのインパクトがあるんですよね。

夏はエアコンを使うので、電気代はまた少し上がってしまうのですが、春や秋のいちばん安い時期は月に3000円に届かない程度です。

ただ、季節的には、おそらく来月の請求からはもう少し安くなるだろうと思っています。

今月だけだと思えば、この1万円というのも、仕方のない必要な生活費として割り切れなくもないのかな…。鼻下 脱毛