アメリカ企業は完全実力主義の世界だからそこ会社で常に生き残ることはたいへんだといわれています。たしかに、日本企業のような役員および従業員第一主義のような会社から見るとアメリカ企業は鬼のようにつらく見えるのかもしれません。

しかし、日本企業の株価が上がらないのは日本流の経営方針をいつまでも続けているからです。日本の会社では、それが大企業であっても役員の大半が日本人でしめられています。でもこれって少し考えればおかしなことが分かると思います。

なぜならば、世界で活躍する会社の役員のほとんどが日本人ということは日本人がそれほど優秀だからでしょうか。本当に国際的な企業ならば、そこは人種の坩堝となるのでしょうが、そうなっていないということは、やはり日本の企業というのはぬるいのです。

こんなぬるい環境で甘やかされるつづけているので、日本の大企業といえども必ずしも優秀だとはいえないのです。つまり、日本もアメリカの企業のような企業体質にならなければこれから先日本の株価は上がることはないと思います。簡単に借りられる カードローン