自民の二階幹事長がかつて同士だった者を復党させることを躊躇しないのは、それは自分も自民党を離党した小沢一郎氏に付いて漂流した後、自民に舞い戻った経験があるからなのでしょう。
ですから離党や除名で党を離れた者でも裏切り者と言うより元々が同じ考え方を持つ者との思いが強いと思います。
最近東京都知事になった方とも長らく一緒に行動していた関係だし、そういった人たちをに対する理解は誰よりもあるので、そのような大胆な呼び戻し作戦が遂行できるのでしょう。
もちろんそれは選挙を有利に戦うためでもありますから、駄目な議員に見切りをつけて入れ替えることなど朝飯前なので、元みんなの党の浅尾 慶一郎氏を入党させようとしている動き等はそのいい例ではないかと思いました。
ですからその手腕は凄いのだかいい加減なのかよく分からない部分もありますが、ただそれは自民党を離党し何度か過ちを犯した者でもこうして大幹部になれるということを身を以て経験した人だからこそできることだと思います。