日大はアメフト問題の解明に第三者機関を立ち上げて結論を出すといいます。七人の弁護士で構成されるそうですが、アメフトの知識を持っている方はあえて入れなかったそうです。あえてという理由は先入観を無くすという事ですが、日弁連のガイドラインに抵触するそうです。教職員組合も立ち上がり、理事長以下経営陣やアメフト部の一新を唱え報復人事覚悟の署名活動をしています。報復人事はよくある話らしく、他大学の例ですが簡単に左遷や首があるそうです。組合は本部とは相入れない関係に有るにしても、組合が指摘するワンマン体制や独占的商売の実態は、世間の常識を逸脱しています。経営や事業が優先されている大学は本来の本質である学問の追及という使命に少しでも立ち返るべきではないのでしょうか。そのためには運動部出身という理事長より、総長制度の復活で学問の長をアカデミックな人物にしておきませんと、大学のイメージが損なわれます。日大のこれからが大変に気に成ります。全身脱毛 効果 比較