Month: 2月 2017

高知県のことをやっていたプランを見たりした

19中くらいから企画されていた、個々テレビ局を見ました。最初は、高知県内に行っていました。いの街角という職場でした。今回は、和紙でした。和紙で作ったものを展示している職場もあるみたいです。土佐和紙というものは、丈夫な和紙みたいです。そこで和紙で作った、用紙完全の舟で川下りをしていました。一からボクたちで舟を作っていました。しかし、激流で潜水していました。そして、探究をしました。振りなどについて探究しました。海陸振りは、海面と陸地の太陽予約の相違によって生じます。ミッドナイト、陸は冷えて高圧部になり、陸から海に振りが吹く。昼間、陸は暖められて低圧部になり海から陸に、振りが吹く。季節風や高気圧・低気圧による風の影響が少ないときは、そういう限られた場所に時間的にみておはこのある振りが吹く。これを局地振りといいます。昼間、谷から山頂に向かって吹く谷風、夜間に山頂から谷に向かって吹く山風も毎日を頻度とした局地振りだ。http://xn--zlr224b6l2afje.xyz

これはほんとに、一目ぼれをしたみたいです!

銭湯を待っていたシーン、目のすみの奴で何ががうごきました。1.5mほど下にある田んぼの側溝の中で黒いビニールがはためいたように見えたので、何と覘いてみたらそこには真っ黒い猫がいて、虫か何かに飛びついていました。本当に黒の毛並みが清潔だったので、しばし眺めていると、猫のほうも考えがついでこちらを見つめ返してきました。多少、見つめあったままで動けませんでした。毛並みだけではなく、そのまぶたは吸い込まれるようなかなり素晴らしいブルーだったのです。
思わず銭湯は安心かなと気付き路地の奴を見てから再度、猫を見るとまだこちらを見ていました。丁度猫を飼いたいなと思っている職場なので、こういう猫を連れて帰りたい衝動にかられました。しかし、近々、出掛けるところでそうすることが出来ず残念でした。それぐらいきれいな素敵くんの猫だったのです。どうも、自分はこういう黒猫に一目ぼれをしてしまったようです。また会えたらいいのにと思っています。主婦 キャッシング