あまり層を取ったわけではないのですが、それでも見掛けるたびにちょこっとまぶたを止めてしまうものが増えてきました。
前もってスペシャルで見掛ける駄菓子。
思い出深いとかじゃなくて、総額の高さにビックリ決める。
いまだに身が昔には駄菓子屋が存在していたので、300円もあれば結構満足なだけのスイーツが買えたはずなのになあと。
徹頭徹尾大人になって、駄菓子屋に足を運ぶのもまだまだ恥ずかしい感じになってしまいましたが、それでもこういう総額を見ると確かめたくなる。
次にしじみ。
しじみは今でも売ってますが、パック詰め込みしてあるタイプばかり。
で、たま〜〜にですが、あのトラップあきおたまですくって量り売りやるしじみを見るとたまらなくなります。
個人的にはしじみは嫌いなのですが、ノスタルジーを感じてしまってちらっと、と言うか食べてもらえるパーソンがいるときには買ってしまう。
それととっても滅多に見なくなったのがスペシャルなんかに制定されたコーヒーミル。
一回も使ったことはないんですが、アレがいらっしゃるコーヒー店舗はコーヒーの香りが漂ってきて、別格の店舗になってたような気がするんだけど、最近は押しなべて見ないし、そもそも挽いたときのミニしか売ってなかったりして、あの悪臭はさっぱり消えてしまいました。

どれもちょこっとおかしい要素だったのに、遊びが無くなっていくのはある程度寂しいだ。ミュゼ 80円