Month: 9月 2018

そんなことされたら惚れてまうやろうがー!

美容室に行ってきた。
4か月くらい前に初めて行った美容室で、今回で3回目。
美容師から色々なスタイルを提案してくれる美容室で、ほぼお任せなのに気に入った髪型にしてくれるのが気に入ってリピートしている。

今回も美容師から「こんな感じにしようと考えてたんですけど。」といくつかの髪型の写真を出してくれた。
今のセミロングからバッサリ切る感じのスタイルばかりだけど、ちょうどイメチェンしたいと思っていたし、暑くなるからすっきりしたかったので、提案してくれたスタイルのうちから一つを選んでお願いする。
超絶人見知りの私でも、すごく話しやすい雰囲気の美容師で毎回話も弾んで楽しい時間を過ごさせてもらっている。
が、一つ問題があって、この美容師、めちゃくちゃ褒めてくれる。
髪型が可愛いとか、いつもお洒落ですよね、とか。
私は男性から褒められ慣れていないから、ドキドキしちゃうんですよ、これが。
向こうは完全に仕事だって分かってるけど、これはある種のホストか?って思ってしまう。
いや、でも美にはときめきって大事だし、美を扱う美容師にとってこれはすごい技術なのかも。
実際、カットの腕も良いし、また行くけどね。http://www.motorlaiviai.com/kireimo.html

2018年5月10日の私の出来事について(その2)

2018年5月10日の私の出来事について書きたいと思います。母はサイトを譲渡した男性と訴訟を起こすらしいですが、病気を理由にした訴訟は、恐らく勝つのは難しいと思います。男性との口喧嘩による電話で病気を再発させてしまった事は仕方がないですが、相手は母が病気である事を知りません。世間は分かってくれてあたりまえではないので、事前に病気である事を伝えていない点は、こちらにも不備はあります。訴訟を起こすのに、記事は購入しますというのは、母にも矛盾があるように思います。コンサルによる対応が、高額のお金に見合った働きではない点に関しては指摘できるかもしれません。資料がわかりにくいという不満は訴える事はできるかもしれません。母は支離滅裂になっているので、今一度、よく自分の意見を整理してほしいですね。家族が悪いと言っている内は、訴訟で勝つ事は無理です。その男性のメールの内容が気に入らないなら、それなりの反論文を示さなくてはいけません。http://www.moodyforjustice.com/